外壁塗装について|外壁塗装や雨漏り修理なら岡山市北区の「まちの塗装やさん 川合ルーフ工業」

外壁塗装について

  1. トップページ
  2. 外壁塗装について

外壁塗装のタイミングはいつ?

外壁は雨や紫外線の影響により、時間が経つにつれて劣化していきます。
パッと見たところ我が家は大丈夫!と思っていても、知らないうちに劣化は進んでいるかもしれません。
一般的に塗装の塗替えのタイミングは、5~8年になります。
外壁の劣化が進むと、ひび割れ等を引き起こし、やがて内部まで劣化が侵食してしまうため、家自体を長く保つためには定期的なメンテナンスが必要です。

そろそろ塗り替え時かな?と感じたら、まちの塗装やさんへお気軽にお問い合わせください。
見積もりも無料で作成しておりますので、ぜひこの機会にご相談ください。

外壁塗装をする意味

塗装が劣化したまま放置してしまうと、ひび割れや塗装の剥がれ、さらにチョーキング現象といった粉を現象まで発生してしまいます。
これらの劣化した箇所から雨水が入り込んでしまうと、少しずつ内部へ染み込み、カビが発生する・材質が脆くなってしまうといった原因につながります。
これらを未然に防ぐためにも、外壁塗装を行うことを推奨いたします。
小さなひび割れから大きな劣化にならないように、お住まいの住宅の塗り替え時期を見直しましょう。

外壁のSOS

亀裂やひび割れ
小さな隙間から雨水が入り込んでしまい、内部の劣化へと繋がる可能性が考えられます。
小さなひび割れだからと放置せずに、すぐにご相談ください。
チョーキング現象
触ると粉がつく現象を意味します。
これは塗料が長い時間をかけて、剥がれてきたサインです。
塗装の剥がれ
塗装の剥がれもむき出しになってしまった外壁から雨水等が浸透していきます。
直射日光のよく当たる箇所に多くみられます。
藻やカビの発生
藻やカビが発生するということは、長期にわたってメンテナンスがされていない証拠です。
一度発生すると、どんどん大きく広がります。

ページの先頭へ